タイに住んでみると

現在はタイを離れているので,タイに居た経験から考えたことなどを時々書いています。また,タイに行く機会があれば生の情報もアップしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

企業の広告

バンコクNOVAK
伊勢丹も入っているセントラルワールドショッピングセンター,大きな広告はどちらも日本企業だった。

この広告を見て,SEIKOがジョコビッチとスポンサー契約をしていたことを知った。
フェデラーのローレックスとか,ナダルのすでにメーカー名を知らないほど高価な腕時計の契約なら知っていたので,SEIKOとはいえ,日本のメーカーで世界ランクNo.1との契約に手が届くとは思わなかった。もっともジョコビッチはユニフォームもユニクロを選んでいるくらいだから,普通のトップ選手ではしないような選択は十分ありなのか。

う〜ん。この広告を見たら,ちょっと欲しくなってきた。ちょうどダイバーズウォッチを探していて,SEIKOなら手が届く値段で選べる。宣伝効果はおそろしい。というより,単にこちらが乗せられやすいだけなのか。。

スポンサーサイト

PageTop

最近のタイ行き:つづき

一つ書いたので,続きを。

日本に来るタイの人が増えた,という一方,タイに行く日本人の数はどうなのだろう。
観光客はともかく,在留日本人を含めタイにいる日本人の数はまだ少しづつ増えているらしい。
それでも,中国からの観光客の増加に(多分,韓国も在留人数が急増しているはず)は驚かされる。とくに,中国語(どこの地域の言葉はわからない)が聞こえてくることが多くなっている。いかに,その人数が増えているか実感したのは,今回,タイにいてChinese?と何度か聞かれた。何年もいても,中国人か?と聞かれたことはほとんど記憶にない。まあ,日本人の顔もにているから,シンガポール?ときかれたり,中華系タイ人と思われていたり,というのは良くあったが。

それでも,日本の浸透具合もさらに進んでいる。
バンコクでは日本食の店が溢れている。もう,本格の和食レストランから,日系のチェーン店,有名ラーメン店,タイの会社の日本食チェーン,タイ人経営の日本食レストランまで。

数週間の出張では,わざわざ日本食を食べることはほとんどないが。
CoCo壱番屋,大戸屋などは価格は日本より高いくらいだし。

PageTop

最近のタイ行き

5ヶ月ぶりの記事のアップ。

昨年末そして,今年の春にもタイに出かけていた。
いつも,仕事であまり目新しく書く出来事も無く。。と放っておいたのだが,ちょっと振り返ってみれば,書くことが無いというよりも,自分に余裕が無いから,考える時間も書く時間もとれなかったというところである。

昨年から,感じるのは東京ーバンコク間の便でのタイ人乗客の多さ。とくにタイ航空便は,大半がタイ人だった。
タイでも日本へのツアーの広告を見る機会が多い。先日はバンコクの高架式鉄道(BTS)のペイント広告がJR東日本という車両を見て驚いた。
なにせ,円安。年収も上がって,かねてから行きたかった日本への観光旅行には格好の時期になっているのだろう。反対に,日本から出張するこちらは,レートが悪く,バンコクの物価はかなり上がった感覚になる。実際,食事はある程度安いと感じるものの,衣類やちょっとした贅沢品はもう日本で買う方が安いくらいである。

PageTop

一年ぶりのタイ

今年初めて,ようやくタイに行って来た。
5月の「クーデター」以降初めてだった。
街の雰囲気は特に変わらないが,テレビを見ていると,政権によるコントロールが強まっている様子がうかがえた。
賢明で慈悲深き国王のもと,国民も人を敬い助け合って,団結して国を作っていこう,という感じだろうか。

タイも日本と同じように,時代が変わって失われていく美しさ優しさを取り戻そう,という政治主導のキャンペーに空々しさが鼻につくのは同じという印象だ。

ともかく,今は国は落ち着いた状態で,タイの人たちは以前と変わらない日常を過ごしている。景気もまずまずで,観光産業では,ヨーロッパからの客の減少が大きいのが悩みというが,一方で韓国や中国などアジアからの客はさらに増えている印象だった。
でも経済的に陰りがあれば,また政治の対立は激しくなってくるはずだ。

タイの国の政治体制について,重要な時期が来るまでに,きっとそれほど長い年月は残っていない。それまでに,大きな混乱が無く,タイの多くの人たちの意思でバランスのとれる体制ができる土台ができてほしい。

PageTop

禁断のリセット,再び

このブログ,放置のまま,気がつけば半年が過ぎた。
見れば,前回のアップは,昨年の12月にタイに行ったときのデモの様子についての感想だった。
選挙によらない,政治の方向はそろそろ。。。。と書いていたのだが,結局また,
禁断のリセットスイッチを押してしまった。

タイのクーデターは,他の国の軍事政権が全ての権力,利権を握って独裁政治を使用という意図とは違うことは知っている。しかし,そろそろ王様の権威頼りでしか,政治闘争による混乱が治まらないという段階を卒業しなければ,近い将来もっと大きな混乱が起きかねない。

6月にタイ出張が入りそうだったが,無理かもしれない。
夏以降も,無事仕事に行けるのか心配。

それ以上に,今回の軍の動きとそれに対する反対勢力の強い反発を示す行動は,前回タイの滞在時に経験したクーデターと雰囲気が違う気がして,流血の事態が起こらないか不安である。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。