タイに住んでみると

現在はタイを離れているので,タイに居た経験から考えたことなどを時々書いています。また,タイに行く機会があれば生の情報もアップしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

チャーン島・スノーケリング

4日はスノーケリング・ツアーに出かけた。

朝8時半ホテルの前の浜に集合。そこへ少し大きなツアーの船からボートが迎えに来るという。実際に現れたのは9時過ぎだった。
2階建て(プラス屋上デッキ)の木造船。2階には大きなソファータイプのイスが並んでいて、ソファーに腰掛け、のんびりと揺られながらの移動だった。チャーン島のさらに沖にある島を3か所ほど周って、帰るのは夕方5時ぐらいと、一日たっぷりのツアー。

Fune
なぜか,トラ模様,ひょう柄のソファーカバー。
(関西のおばちゃんかい!と突っ込みをいれたくなりませんか。)

あちらこちらの浜から客をボートで運び、全員揃ったところでスタッフからガイダンスがあった。感心したのは、安全はもちろん、スノーケリングでサンゴを壊さないよう、絶対にサンゴの上に立たないこと、海中から生き物、物を拾ってこないこと。サンオイルはスノーケリングに入る30分前までには塗っておくこと。など環境に配慮したガイダンスが何度もされていたことだった。タイでは、まだまだこういうガイダンスをしっかりするところは少ないと思う。

午前中にまず1ヵ所。砂浜と沖に少しサンゴのある島へより、1時間ほど。
船に戻って、移動中にランチ。タイ料理とパスタ類のビュッフェ。味は悪くない。量もたっぷり。
午後は、2か所。一か所目はやや深い沖に泊まり、オプションで小舟で島に渡るか、船の周りでシュノーケリング。
2か所目は、小さな岩場の島の周りのサンゴでのシュノーケリング。この場所はサンゴの状態もよく、なかなかきれいだったが、数日前から少し波があり水はやや濁っていた。

Sango
この日はだいぶ濁っていますが,サンゴは元気そうでした。

最後に、猿のいる岬をかすめて、宿のある浜の沖へと戻り、小舟で海岸まで送り返してもらった。
1日のツアー。食事、おやつなどついて1300バーツ弱。これも、なかなかコストパフォーマンスは高い。

ダイビングをする人には、もちろん物足りないし。アンダマン海のサンゴを知っていれば、確かに見劣りするが、1日船に揺られ、しっかりご飯を食べて、ときどき泳いで、船で一休み。なかなか楽しいものだった。

頑張って水着を買い込んだ母は、再び大満足の様子だった。父も。

今回乗ったタイファン・ツアーも「ランナーカフェ」の「うた」さんに予約をお願いしました。


スポンサーサイト

PageTop

チャーン島・象トレッキング

正月の終わりももうそこまで来てしまった。

今になって正月休みのことを書くのも、少々間が抜けているが、やっぱり書いておきたい。
さて、2日から日本から来た両親とともにでかけたのが、タイの東部、カンボジア国境に近いトラート沖にあるチャーン島である。宿が、いまひとつだった話はすでに書いたが。3日からの海と山の遊びはとてもよかった。
3日は、ゆっくり起きて、10時半ごろから象・トレッキングツアーに出かけた。

宿まで車が迎えてきて、島の中、山の谷間にある象キャンプへと連れて行ってくれた。
キャンプにつくと、象ががいる、いる(あたりまえか)。パイナップルと水が出されて、一休みした後、ゾウに乗って1時間近くだろうか、山道をのんびりと歩きまわる。基本的には象の上に台座がくくりつけてあり、そこに座るのだが、途中で首のところにまたがらせてもらうこともできた。
キャンプに戻ってくると、象にお礼のバナナを上げる時間である。これもまた楽しい。
そして、次は象と一緒の水浴びである。2頭の象と一緒にあるいて小さな川まで降りていった。そして象使いが、象を川に入れ、座らせるか、横にならせる。そしてお客さんはその上に乗って、ブラシで洗ってあげるのである。サービスで象の鼻から水を一緒にかけてもらうこともできる。

バンコクで、必死に水着を探した母は、あきらめずに買ってきてよかったと喜んでいた。小柄な母は、なかなかサイズの合う水着がなく、スポーツ用品売り場で子供用の水着からようやく、合うものを見つけたのである。

トレッキングと、水浴びを併せると2時間近くになるだろうか。そして宿までの送迎がついて、900バーツであった。これは、タイで体験する象乗りとしては、かなりコストパフォーマンスが高いと思う。
何より、森の中で象たちも穏やかな顔をして幸せそうである。象使いたちも、すれていなくて、とても気持ちの良いツアーだった。

私の乗ったゾウは、50歳のそろそろおばあちゃんの象。一人で乗ったので、おばあちゃん象となり、ゾウ使いは9歳の男の子となった。賢い象は、きっとこの子供の象使いに愛情を持って接しているのだろう。象が好きでたまらない、という感じのこの象使いの子と象の気持ちが通じていることは、素人にも見えるようだった。

象使い
Canon Demi EE1.7

象使いの少年9歳。

象のり
Canon Demi EE1.7
少年が象に乗っている様子を撮ってくれるというので,カメラを渡した。すると,フィルム巻き上げが珍しく,喜んでしまって,何枚も何枚も撮られた。カメラは,目測でピントを合わせなければいけないし,露出も条件によって微調整が必要なので,ぼけた写真が20枚ほどになり,フィルムを使いきられてしまった。
でも,よしとしよう。こどもの目線の写真をみるのはおもしろいし,なかには,味のある写真も撮れていた。
この上の写真など,森の中を行く雰囲気が出ている。(お見せするほどでない顔はぼかしてあります。)

蜘蛛
Canon Demi EE1.7
彼の関心は,蜘蛛にもあったようだ。


チャーン島にはいくつも象キャンプがあるようだ。どのくらいサービスに差があるかわからないが、ともかくこのBan Kwan Changのトレッキングはお勧めである。

この象・トレッキングは、チャーン島で、タイ人のご主人とカフェをされている「うた」さんのブログサイトでしり、「うた」さんに予約をお願いした。
「うた」さんのサイトは「チャーン島」「ランナーカフェ」と入れてgoogleで検索をかけると、Yahooブログのサイトが出てきてすぐに見つかりるので、チャン島行きを考えている人はぜひ見てください。

ちなみに,チャーン島のチャーンは象の意味。

PageTop

久しぶりのランの花

バルコニーのバンダ(ラン)が花を咲かせた。
この株が花をつけたのは、何年振りだろうか。たぶん3年以上である。

友人にもらった時に花を咲かせていたが、家の気候が合わなかったのか、葉もあまり伸びないし、花芽が伸びることもなかった。しばらく前に引っ越してから、新しい場所が少しはあったようで葉の色に少し緑の濃さが戻ったが、その後再び停滞気味だった。

ところが先日ふと見ると、花芽を伸ばしていた。
そして、ついに花を咲かせた。

Vanda開花

深い紫が美しい。

比較的容易に花をつける株のバンダと比べると、花びらが肉厚である。

以前のランの話はこちら

PageTop

ミニミニ世界の車窓から:マッカサンーホアランポーン

バンコクの都知事選挙,現政権(民主党連立与党)側が優位な結果となり,政局はいくらか安定化へ向かってくれそうな気配である。多くの人が,政治闘争の騒ぎがしばらくは落ち着いてほしいと考えているようだ。

さて,正月休みにはマハチャイへの「ミニ世界の車窓から」に加えて,マッカサン駅からホアランポーン駅への「ミニミニ『マイクロ?』世界の車窓から」にも出かけてきた。正月3日の出来事であるが,初詣の話ではないので,まだ賞味期限切れにはならないと思う。

この「ミニミニ世界の車窓から」の旅,いつものバンコクに飽きた人で,あまり時間も無い人にはちょっとお勧めと思うのである。

マッカサン駅はバンコク中央のホアランポーン駅から東へ伸びる路線へ向けて走る最初の駅である。実際には,その間にほとんどの地図に乗っていない,駅舎もない駅が一つあるようだが,今回乗ったときにはホームに止まったのか,踏み切りにとまったのか(こちらでは,電車が踏み切りを待つことがおこるようである)分からないような形で停車した。


今回はマッカサン駅から乗車してホアランポーン駅まで行った。マッカサン駅へは現在エアポートリンクが建設中だが,今は他の便利な交通手段は特に無いので,タクシーで行くのが良いだろう。

マッカサン駅の後ろには車両区なのか車両工場というのか,大きな敷地があるが,ずいぶんと寂れた様子で,あちらこちらに朽ちかけた機関車が停まっている。
機関車

貨物車両
倉庫に使っているのか。なぜか扉だけにペンキが塗ってあった。

マッカサン駅で切符を買うと,2バーツ。それに立派な切符がついてくる。切符を切るためのコストだけでも2バーツくらいになってしまいそうである。
切符には乗る列車の定刻が書いてあったが,30分ほどは遅れていた。

単線なので,反対方向の列車がすれ違いのために待っていた。

車窓からみえるのは,線路脇のスラムのような家並み,お寺も見える。車窓には家の軒や伸びた木の枝葉が迫っているので,窓から外をのぞくには十分な注意が必要である。
大きな道路の踏切やンセーップ運河の鉄橋も渡った。20分ほどゆっくりと走ってホアランポーン駅に着いた。
途中の駅
途中で停車した駅。

到着
ホアランポーン駅に到着。


ホアランポーン駅はなんとなく上野駅に似た雰囲気がある。駅舎はヨーロッパの駅のようなドーム屋根で色ガラスのはめられた窓があり風情がある。たった20分の電車に揺られただけで,どこか長い旅から帰ってきたような気分を味わえる。(というのは,私の場合だけか)

駅舎ホーム側窓

ホアランポーン駅
駅の正面玄関

ホアランポーン駅には地下鉄駅もできて,市内へ(から)のアクセスは便利になった。

写真はOlympus PEN FTで撮影。

PageTop

水草水槽

私の部屋には小さな水草水槽がある。
水草水槽もバンコクでは手軽、安価にできる楽しみである。
まず、ヒーターが不要である。見栄えは少々落ちるが、安い水槽が手に入る。そして、タイは観賞用水草を生産、輸出している国で水草も安く手に入る。

バンコクならチャトチャックマーケットに行けば、一通りのものがそろう。
それで、私も半年前以上になるが、水草水槽をセットした。

水草水槽ファンには有名なトロピカ社のキューブ水槽のイメージを拝借して、底面が正方形の水槽を探したところ、少々背が高いが適当な大きさで、値段も安いものが見つかった。200バーツ(600円程度)ぐらいだっただろうか。水草は種類によって値段は大きく違うが、安いものは、それだけ育てやすいので失敗も少ない。ということで、手ごろな値段(一株、一束、数十バーツ)のものから4種類ほど植えた。後から水草の専門家でもある友人が、適当な草を選んでいるといってくれた。これらの草は光の要求性も高くなく、また二酸化炭素添加などのメンテナンスをしなくても、十分に育つ種類ということである。

さて、水草水槽のメンテナンスで大変なのは「コケ:小さな藻類」対策である。設定してから期間が経つと、次第に栄養がたまってコケが生えやすくなってくる。ガラス面に付いたものは、擦ってはがせるが、草や倒木に生え始めるとなかなか取れない。それで、コケを食べる生き物を入れ、コケの繁殖を抑える。

初めのころから、Cherry Shrimpを入れていたのだが、コケの繁殖は抑えられなくなってしまった。友人に聞いたところ、Cherryでは小さすぎてコケを食べる量が少なすぎるのだろうから、Yamato:ヤマトヌマエビをいれろという。そこで、ちょうど友人が訪ねてきたのでチャトチャックマーケットに出かけて、ヤマトヌマエビを10匹買ってきて入れた。

それから一ヶ月以上経った。水槽のコケは見事に取り除かれた。コケに覆われ始めていた水草はスッキリとなった。面白いことにCherryも以前より活発に餌を食べて回るようになり、成長もよくなった。ヤマトが底をかき回し、伸びたコケを食べるために、Cherryの食べやすい小さなコケがよく生えるようになったのかもしれない。

さて、かなりスッキリとなった水槽でヤマトはお腹を空かし気味になってきたようである。水草の若い部分をかじられたりしないように、数を減らさなければならない。幸いコケだらけの水槽はまだ3つもある、すでに2匹には移住してもらい、新たな仕事に取り掛かってもらっている。
エビ投入時全体
エビ投入時
エビ投入後全体
そして,1月後。
あらら,この写真ではあまり違いが分からない。アップにしてみれば。
エビ投入時アップ
投入時,葉の上にもやもやと毛のように生えています。

エビ投入後アップ
一月後。すっきりしました。
しかし,レイアウトがすっきりしないので,そろそろトリミングもして整えてあげなければいけません。

働くエビたちは,まず底砂から取り掛かりました。
水槽のエビ






PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。