タイに住んでみると

現在はタイを離れているので,タイに居た経験から考えたことなどを時々書いています。また,タイに行く機会があれば生の情報もアップしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

荷造り

ふたたび,にわかに騒々しくなってきた政治情勢。

週末は赤服デモによるトラブルを恐れて,道路やデパートは好いていた。
私は,引っ越し準備の予定が少しくるってしまい,迷惑している。

片付けに追われる中,モノクロフィルムを一本現像した。これでもう道具も荷づくりである。

バンコクモノクロ
MINOLTA TC-1, ILFORD PAN 400

スポンサーサイト

PageTop

減量の収支

引越しの片付けにおわれる日々である。
家の物も、仕事に関わる物もかなりの量になっている。

溜め込んでいた雑誌・情報誌は捨てて、文庫本は古本屋にもっていった。
幸い、日本人人口の多いバンコクでは、いらない本を引き取ってもらうことは容易である。ただし、買い取り価格が日本の場合と比べてどうなのかはわからない。新刊本の文庫でも20~30バーツ(50~80円くらい)であるが、店によっていくらか差がある。

先週末、5冊持っていったうち、2冊は新刊で先日日本から買ってきたばかりなのだが、少し古いものと同じ値段だったので、2冊はほかの店に持っていったら、2冊で10バーツ高く売れた。僅かな差だけれど、このほうが気分はよい。

家電製品や家具の処分も必要である。ネットで調べてもリサイクルショップはあまり見つからない。タイ語が堪能なら、タイ人を主な顧客にしている店がたくさんあるはずだが、わからないので、とりあえず日本人が多くすむスクムヴィット通りの店2件に、ヘア・ドライヤーを持ち込んでみた。

1件目は、あまり、値踏みに自信のなさそうな店員が対応して、最後にコードについたねじれ癖に「難癖」をつけて、50バーツといった。いくらなんでも安すぎる。付属品、元箱、保証書(期限切れだけれど)、説明書つきである。それなら、換金などせずメイドさんにでもあげたほうが、よほどよい。

2件目は、さっと見ただけで200バーツといった。まあよいだろう。少なくともイングリッシュパブで1パイントの生ビールが飲める。(このあたりが、貨幣価値の基準である)

200バーツで売却し、古本5冊の110バーツとあわせて310バーツの軍資金でイングリッシュパブへ。
午後7時前のハッピー・アワーでタイガー・ビール(シンガポールのブランド)1パイントが75バーツ、ということで2杯、ミニピザを食べて、ほぼ同じ総額になった。
というわけで、身体のスリム化は進んでいない。飛行機チケットの値段に体重は関係ないので、懐具合には直接かかわらないのだが。

(前々から、航空券の値段に体重+荷物重量=総重量:制の料金体系を設定する会社があったら積極的に利用してもよいと思っているのだが、そんなばかげた話は、またいつか)。

PageTop

暑気

暑い、朝から暑かった。
いよいよ、涼しい時期は終了し、暑い季節の気配である。

今朝は、朝起きて窓を開けたら、むあ~とした空気が吹き込み、実にがっかりした。
ジョギングも少し走っただけで汗だくになった。

暑さが体感だけでない証拠に、冷房の良く効いたBTS(高架鉄道)の列車を降りた時、眼鏡が曇って前が見えなくなった。

これから、荷物の片づけ、引越し準備というときに、暑さは堪える。
暑さの訪れは、マンゴーの季節の訪れでもある。せめて、これから帰国まで、マンゴーをたっぷり食べようと思う。

BTS
Canonet G-III 19, Kodak Tri-x 400
とくに、話と関係があるわけではないのだが、なんとなく暑そうな写真なので載せてみた。

PageTop

引越し準備

あっという間に,日本帰国まで1ヶ月を切ってしまった。

で,準備が進んでいるのかというと,そこが問題である。

さすがに焦りも出てきて,引越し業者に見積もりをお願いした。2社に来てもらい,荷物のおおよその見当はほぼ同量,3~4立方メートルになりそうである。

引越し費用を抑えるには,どれだけ物を処分できるかにかかっているが,元来,物を捨てられない性質の私にはこれがなかなか難しい。本当に持って帰って使うのか,使えるものなのか,買いなおすより運んだほうが安いのか,何度も問いながら,もって行くもの,処分するものを選ばなければならない。

私の場合は,その作業を2度,3度行って,処分するものを増やしていかないとどうにもならないようである。そうして,仕分けを始めてみると,いかに無駄なものを溜め込んでいるかも見えてきて,数年に1度の引越しは,必要なのかなと思ったりもする。

ともかく,これからが大変である。

その一方,今一度バンコクを写真に収めておこうと思い,フィルムカメラをいつも手にしていて、フィルムが増え続けている。傑作写真はちっとも増えないけれど。

PageTop

何か陽気なものは

忙しかった。
いや、まだまだ、過去形ではないのだが。ともかく大きな一仕事は無事終えた。
しかし、少々精神的にも消耗してしまった。

ブログも一旦更新をとめると、書き始めるのにエネルギーが必要になってしまう。

ちょうど、最近の自分のジョギングの状況に似ている。
腰痛の調子もいまひとつで、途切れがちだが、ぽつぽつとでも、止めないようにしないといけない。

何か、気分が上向くものは無いかなと、周囲を見る。そう、バルコニーに勝手に生えてきた、豆の木が花と実をつけている。この花がなんだか妙に陽気な形をしているのである。虫にも人気があって、いつも小さな蜂やらアブやらが群がっている。

mamenohana
残念なことに、この写真には、虫たちが写っていない。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。