タイに住んでみると

現在はタイを離れているので,タイに居た経験から考えたことなどを時々書いています。また,タイに行く機会があれば生の情報もアップしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

そして、バンコク

デモに若干の不安を抱えながらもタイに来ている。
昨日は、アソーク駅付近で用務があった。
一昨日にバンコクに入ってしったことは、その翌日(つまり昨日)にアソーク通りを含めたデモが予告されているということだった。しかも、通過時間は正午、用務先の約束は午前中からお昼ごろまで。
ドンピシャ!

しかし、訪問先とも連絡をとりながら、まずは予定通り行きましょうということになった。
朝、アソーク駅を出ると、タイの国旗の色をあしらったグッズが道ばたでたくさん売られている。
すぐに分かった。デモ応援グッズである。
やはり、お祭りの様子だ。

結局、訪問先の事務所で話が一段落ついた頃、窓の下の通りは、大きなスピーカーを積んだ先導車の騒音とともに、デモ隊がやってきた。しかし、それほど殺気立った様子は無く、なんとなく密度も薄め。ということで、ビルからは野次馬がつぎつぎと道ばたへ出ていった。

結局、野次馬にまじって(もちろん自分も野次馬)デモがすぎるのを見ていた。好意的に思っている人は、応援グッズの笛を吹いたり、カタカタと音の出るしゃもじのような手形を振ったりしていた。

なんだろ、このゆるさと、楽しげな様子。
デモ:というなの、バンコク健康ウォークラリー、という感じもする。いや、もっとどこかで見たような物のきもする。
そう、高知のよさこいにも似ている。スピーカーを積んだ地方車、鳴子によくにた手形をカタカタならして、よさこいのパレードみたいだ。昨日のデモなら、よさこいのほうが、よっぽど熱いが。

今日のニュースの見出しをみて納得した。昨日のデモは以前と比べて、急速に参加者が減ったそうだ。

でも、それで、良いのだろう。
議会の解散は決まった。
選挙をすればまた現政権の与党が勝つ可能性が高いという。それでも、民主的な選挙を否定した政治体制を支持は盛り上がらないのは、タイの国が絶対的権威だけに頼るのではない、新しい時代への可能性を表しているのだと思う。

スポンサーサイト

PageTop

旅行者向けSIMカードを使ってみた

ずいぶんと久しぶりの更新です。

9月からたて続けてタイに来た。
今回は滞在中にどうしても常にメールの確認をできるようにしておく必要があったので、タブレットを買い、タイに着いてinternet接続のできるsimを買うことにした。

まず、タブレットはsim フリーの物が必要で、ipadは日本ではSIMフリーで買えないのでタイに来て買うことも考えたが、SIMフリーで回線の周波数帯に多く対応し、GPS機能がついているということでNEXSUS 7にした。
1、2回目の滞在でそれぞれ違う会社のSIMを使った。
DTACのHappy Tourist SIM 299とAISのTraveller SIMである。どちらも定価は299バーツ。
なぜわざわざ定価?と書いたのは格安で購入できるということではなく、到着したスワナブーム空港の各社のカウンターで買えなければ、どこかで料金をプラスされた物を買わなければならないからである。

1回目は到着が深夜で、空港のDTAC/AISのカウンターに行くとどちらもこのSIMは売り切れで無いと言われた。どちらのカウンターか、それとも両方だったかは忘れたが、ドンムアン空港(かつての表玄関で今は主に国内線用空港)に行けばカウンターがあり買えると言われ、その日は諦めた。
さて、翌朝、ドンムアン空港に行くと電話会社のカウンターはどこにも無く、結局コンビニのような売店で買ったのだが499バーツと200バーツも上乗せされた価格だった。 店員はソケットに差し込むゼムクリップを用意しているし、さっさとセッティングをしてくれたので、200バーツをサービス料と考えて、腹を立てるのをやめた。
後日、AISの空港カウンターでも同じようにさっさと設定をしてくれたけれど。

使用した感じは、つづき

PageTop

タイではあたりまえだった光景

先々週,先週とスタッフが外国に滞在するテレビ番組でタイが紹介されていた。

タイに行ってみたら,こんなところ,タイではこんな事が当たり前だった!とかいって伝えているのだが,タイに住んでいた身にはあたりまえの事ばかりだった。
といっても,それは,住んでいたから当たり前と思うにであって,テレビ番組で大げさに伝える程では無いにしろ,確かに日本とは違う日常の光景であることには違いない。

6pm Bangkok Station
2009年5月,Canon 7, Canon 50mm, f1.8

朝8時と午後6時,駅,公園など公共の場所では国歌が流れ,その間人々は立ち止まり,国,国王に敬意を表する。ざわざわしていたバンコク・フアランポーン駅も一時だけ,ゆっくりと時が止まったようになる。

PageTop

続く赤シャツの騒ぎ

帰国の日も近づき、予定が立て込んでいるなか。
赤シャツのデモは全く迷惑である。

政治にかかわるデモというが、その雰囲気は田舎町からバンコクへ遊びに来て、街を走り回ってばか騒ぎをしているというだけに見える。

タクシン支持者でない多くのバンコクっ子は、遠巻きに眺め、休日は騒ぎやトラブルを恐れて家で大人しくしているようだ。バンコクには地方から出てきている人も多いので、そういう人が多い、バイクタクシー、三輪タクシー(トクトク)、タクシー運転手あたりが歓迎して、赤いハンカチを振ったりしている。

今朝は、現首相の家に「血」をぶちまけに押しかけて、私の職場も近いスクムビット通りは一時車が通れなくなった。

17
今朝、アソーク駅から。本当は不愉快な写真だけれど。
一般車の侵入を規制する一方、赤シャツの乗った車はスクムビット通りへと誘導してしまう。その先で首相の家のある路地への入り口でデモ隊の侵入を規制している(後で、突破させてしまったらしいが)。何のために警官がでて警備をしているのかよくわからない。タイにはわからないことが依然として多い。

ひとたびキレると、残虐なことを知っているタイ人同士だから、小競り合いを恐れているのか。多くのバンコクっ子は都会育ち、ひ弱で、地方からやってきた人たちがこわいのか。理由はよくわからないが、ともかく嵐が過ぎるのをまっているという様子にも見える。

しかし、トラブルが長く続けば、市民同士の小競り合いが起きるかもしれない。そうなると危ない。


PageTop

観光シーズン

あわただしく、1泊でプーケットへの出張だった。
プーケットは海辺のリゾートして有名な島である。
ヨーロッパ、なかでの北欧からの観光客が多い。最近はロシア人観光客もかなり増えていると思う。

2004年の津波災害に始まり、政情不安、空港占拠事件など、プーケットを含めたタイの観光産業は何度も何度も障害にぶつかってきた。

先日の空港のにぎわいは、新空港になって以来初めて見るほどの、混雑ぶりだった。(異常事態で人がたまってしまった時の状態は除いて)うれしいことだ。

明日、予定されているタクシン元首相一族の資産没収にかかわる判決で、また政治情勢が騒がしくなっているようだが、どうかせっかく戻ってきた観光客のにぎわいに、どうか水を差さないでほしい。

ところで、23日の朝は、7時過ぎの空港は出国審査のロビーに人が入りきれずに、外まで列が伸びていた。朝出発便の人は、十分に余裕を持って空港に行ったほうがよさそうである。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。