タイに住んでみると

現在はタイを離れているので,タイに居た経験から考えたことなどを時々書いています。また,タイに行く機会があれば生の情報もアップしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

そして、バンコク

デモに若干の不安を抱えながらもタイに来ている。
昨日は、アソーク駅付近で用務があった。
一昨日にバンコクに入ってしったことは、その翌日(つまり昨日)にアソーク通りを含めたデモが予告されているということだった。しかも、通過時間は正午、用務先の約束は午前中からお昼ごろまで。
ドンピシャ!

しかし、訪問先とも連絡をとりながら、まずは予定通り行きましょうということになった。
朝、アソーク駅を出ると、タイの国旗の色をあしらったグッズが道ばたでたくさん売られている。
すぐに分かった。デモ応援グッズである。
やはり、お祭りの様子だ。

結局、訪問先の事務所で話が一段落ついた頃、窓の下の通りは、大きなスピーカーを積んだ先導車の騒音とともに、デモ隊がやってきた。しかし、それほど殺気立った様子は無く、なんとなく密度も薄め。ということで、ビルからは野次馬がつぎつぎと道ばたへ出ていった。

結局、野次馬にまじって(もちろん自分も野次馬)デモがすぎるのを見ていた。好意的に思っている人は、応援グッズの笛を吹いたり、カタカタと音の出るしゃもじのような手形を振ったりしていた。

なんだろ、このゆるさと、楽しげな様子。
デモ:というなの、バンコク健康ウォークラリー、という感じもする。いや、もっとどこかで見たような物のきもする。
そう、高知のよさこいにも似ている。スピーカーを積んだ地方車、鳴子によくにた手形をカタカタならして、よさこいのパレードみたいだ。昨日のデモなら、よさこいのほうが、よっぽど熱いが。

今日のニュースの見出しをみて納得した。昨日のデモは以前と比べて、急速に参加者が減ったそうだ。

でも、それで、良いのだろう。
議会の解散は決まった。
選挙をすればまた現政権の与党が勝つ可能性が高いという。それでも、民主的な選挙を否定した政治体制を支持は盛り上がらないのは、タイの国が絶対的権威だけに頼るのではない、新しい時代への可能性を表しているのだと思う。

スポンサーサイト

PageTop

また混乱の不安

タイの政治情勢がまたあやしくなってきた。
12月中旬からまた渡航予定で,はたして行けるのか,仕事になるのかも心配である。

今回の騒動は,基本的に2010年に起こっていた騒ぎの延長である。
あのときは,今の野党;民主党が政権におり,タクシンを支持する赤服が盛んにデモ活動を行っていて過激化した。
結局,そのあと民主党政権は選挙に破れ,タクシンの妹が首相となり,しばらくは落ち着いていたが,国外追放?(避難?,逃亡?)中のタクシンを含めた恩赦法案を現政権側が成立させようとした通してしまった(訂正;結局,反対の盛り上がりで通過していませんでした)のをきっかけに,今度は民主党支持派,あるいは王室を頂点にした旧体制を支持する側がデモを起こし,だんだんと過激化しているようだ。

どちらにも,相手が避難するような”非”の部分はたしかにあるように思う。でも,そろそろ,デモだけで相手を追い込み政権をひっくり返そうとする手法は,そろそろ卒業するべき時がきているはずだ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。