タイに住んでみると

現在はタイを離れているので,タイに居た経験から考えたことなどを時々書いています。また,タイに行く機会があれば生の情報もアップしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

一年ぶりのタイ

今年初めて,ようやくタイに行って来た。
5月の「クーデター」以降初めてだった。
街の雰囲気は特に変わらないが,テレビを見ていると,政権によるコントロールが強まっている様子がうかがえた。
賢明で慈悲深き国王のもと,国民も人を敬い助け合って,団結して国を作っていこう,という感じだろうか。

タイも日本と同じように,時代が変わって失われていく美しさ優しさを取り戻そう,という政治主導のキャンペーに空々しさが鼻につくのは同じという印象だ。

ともかく,今は国は落ち着いた状態で,タイの人たちは以前と変わらない日常を過ごしている。景気もまずまずで,観光産業では,ヨーロッパからの客の減少が大きいのが悩みというが,一方で韓国や中国などアジアからの客はさらに増えている印象だった。
でも経済的に陰りがあれば,また政治の対立は激しくなってくるはずだ。

タイの国の政治体制について,重要な時期が来るまでに,きっとそれほど長い年月は残っていない。それまでに,大きな混乱が無く,タイの多くの人たちの意思でバランスのとれる体制ができる土台ができてほしい。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。