タイに住んでみると

現在はタイを離れているので,タイに居た経験から考えたことなどを時々書いています。また,タイに行く機会があれば生の情報もアップしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

国旗

国旗。

日本にいるときは、あまり日本の国旗を意識しなかった、国旗に関心がないし、日本では国旗には常に戦争のことが付きまとうイメージがあり、好きでもなかった。今でも素直にすきともいえない。

タイをはじめとして、海外に来て、どの国の人たちも自分の国はもちろん国旗にもついよい愛着を持っていることに気づいた。

タイでは、ビルには大きな国旗が翻っていたり、大きな国旗の写真が張ってあったりする。ちょっとうらやましく思ったりする。

でも、やはり日本中に日の丸があふれる光景を見たいとも思わない。太平洋戦争のことがきちんと整理できていない日本で育ったということなのだろう。

では、どうすべきか。ここで考えるにはちょと重すぎる。

タイ国旗1

ビル側面のタイ国旗
ラオラック。。ムアンタイ
(われらはタイ国を愛する、というようなことが書かれています)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは。
ヨーロッパも同じように国旗に対する愛着が高いです。ただ、ドイツだけは、やはり日本と同じように国旗をあちこちに掲げたりするのに躊躇しているようです。同じ後遺症に悩んでいるんでしょうね。
ちょっとうらやましい気持ち、私も同感です。

mikija | URL | 2008年04月30日(Wed)23:31 [EDIT]


mikijaさん

こんにちは。
私はヨーロッパは、デンマーク、スウェーデン、ラトビアしか行ったことがないのですが、(とデンマークからドイツへ一瞬、買い物にだけ越えたことがあります)いずれの国も、国旗に対する愛着は本当に強いなあと思いました。

ドイツは日本よりは大戦についての反省や整理がきちんとなされているというイメージを持っていましたが、簡単な話ではないようですね。

管理人 | URL | 2008年05月02日(Fri)15:49 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。