タイに住んでみると

現在はタイを離れているので,タイに居た経験から考えたことなどを時々書いています。また,タイに行く機会があれば生の情報もアップしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

タイでたけのこを食す

以前に,タイでも手に入る日本の食材としてワラビのことを書いたが,筍も最近バンコクのスーパーでよく見かける食材である。秋の深まる日本からしたら季節はずれだが,バンコクではこの時期にも売っている。

タイでも筍を食べることはしっていたし,どこかで見かけた覚えもあるが,大きい生のものは,硬いばかりだったりするかもしれないと思い,試したことは無かった。

最近スーパーで見かけるようになったのは,極小ぶりな筍である。袋を見ると,ちょっと怪しげな日本語だが,茹でても,揚げても,あるいは生で千切りにしてタイ風のサラダ(ソムタム)にしても美味しいと書いてある。それならば,あくも少なく調理は簡単そうだということで試してみた。
Takenoko


米ぬかが無かったので,似ているだろうということで,とぎ汁で茹でてみた。さて,先の柔らかそうな部分に味噌だれをかけて食べてみた。
TakenokoMiso
味は悪くないが、少々固め、竹串が差刺さるまで,と茹でてみたが,少々ゆで方が足りなかったかもしれない。


そして,筍といえばやっぱり若筍煮ということで,しっかり出汁もとって煮た。最後にわかめを散らすが,わかめも以前は「ふえるワカメ」とか高い塩ワカメしかなかった気がするが,最近は日系スーパーなら手ごろな値段で戻したワカメが手に入る。
Wakatakeni
(なかなか美味しそうに盛り付けられない)

味付けは上々。筍が少々硬いのは下ゆでが足りなかったからか。ただ,かなり繊維質なので,もとから固い筍なのかもしれない。
ともあれ,筍の香りは楽しめた。面白いことに,出汁で煮たほうが味噌で食べた茹で筍より,筍の香りや甘みが良く感じられた。

太さの割に可食部が少ないという印象だが,した茹で不足もあるかもしれないので,また試してみよう。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。