タイに住んでみると

現在はタイを離れているので,タイに居た経験から考えたことなどを時々書いています。また,タイに行く機会があれば生の情報もアップしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

通勤電車内に自転車が

今朝仕事に向かうため電車(バンコク中心部を走るスカイトイレイン(BTS)と呼ばれる高架式の鉄道)に乗ったら,こんな光景に出会った。

車内自転車

なんと,通勤時間帯の車内にマウンテンバイクと一緒に乗っている人がいる。
今日乗った列車はたまたま,比較的空いていたが,通勤時間帯は大変込み合う電車である。

確か日本では電車への自転車の持ち込みは,規則が厳しく,以前は部分的に分解した上で「輪行袋」という規定のサイズ内の袋に入れないと持ち込めず,荷物用の切符も買わなければいけなかったと思う。その後一部規則が緩和されて,そのまま持ち込める場合もできたように記憶しているが,いまでもどこでも自由に持ち込めるわけではないようだ。
自転車先進国(?)のデンマークでは,電車には専用のスペースがあり,自転車は簡単に持込できるのを見たときはうらやましかった。

さて,どう考えても自転車後進国のタイ。自転車の電車内持込ができるなどと思わなかった。これは,どういうことだろう。たぶん,自転車持込をまったく想定していないので,禁止する規定も特に無いので,職員は「マイペンライ」ということで乗客を自転車とともに通したのだろうか。改札は狭い自動改札なので(しかも,切符を通して直ぐに閉まるので,時々お尻を扉でたたかれて,癇に障るのだ)改札脇の大きな扉を駅員に開けてもらわなければ,通ることはできなかったはずである。

その後,後姿から見て子供か大人なのか良く分からなかったが,その人は一番中心のサイアム駅で降りていった。

さて,もし今後自転車移動がバンコクの街に定着したらどうなるのだろう。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。