タイに住んでみると

現在はタイを離れているので,タイに居た経験から考えたことなどを時々書いています。また,タイに行く機会があれば生の情報もアップしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

再開発から生き残りそうな木たち

このところの世界全体の景気悪化でバンコクのマンション建設ラッシュも減速しそうだが、このところの再開発で、ただでさえ少ないバンコクの緑はさらに減少している。

かつては、大きな家、お屋敷で庭に緑があふれていたような土地がつぶされ、高層アパートへと代わる。

しばらく前から、すでに新しい高層アパートが建った隣の空き地の緑が気になっていた。すでに家はなくなっているが、小さな茂みと湿地が残っていた。しかし周囲の建物の取り壊しも進み、木が切られて更地に均されるのは時間の問題と思っていた。木がかわいそうだし、もったいないと思っていた。

更地にする前

古いおもちゃのカメラで移したので,ちょっと見づらいですが,これが更地になる前。
モノクロ写真だからといって,何十年も前の光景というわけではない。今年の8月頃だったか。

先日見ると、すでに更地にされていたが、大きな木はいくつか、移植できるように処置がされて残されていた。

更地になった後
最近の状態。

タイの人は大きな木には、しばしば精霊が宿っているとして、拝んだり、恐れたりするので、木を切らずに残そうとしたのだろうか。あるいは、大きな木は後で植栽すれば見栄えがよいし、買えば高いので利用しようと考えたのだろうか。

どちらにしても、大きな木だけでも生き残りそうなので,ほっとした。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。