タイに住んでみると

現在はタイを離れているので,タイに居た経験から考えたことなどを時々書いています。また,タイに行く機会があれば生の情報もアップしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

タイにも「寒波」

このところバンコクは涼しい日,というより寒いくらいの日が続いている。
朝の気温は天気予報によると,15℃位まで下がっている。
今朝,7時半ごろにバルコニーに出て計ってみると,20℃丁度だった。

バンコクにしばらく住んでいると,20℃というのはすでに寒いと感じる低さになる。私の最近の感覚では,30℃をきると涼しい。25℃をきると,少々寒い。20℃をきると寒いというぐらいだろうか。
もっとも,一端に日本に帰ったりして何日かすれば,感覚も次第に戻って20℃は十分暖かいと感じるようになる。

タイも内陸,北へ行けば,それだけ高度も上がり,寒気の源の中国大陸にも近くなるので,気温も下がる。天気予報では今朝の最低気温は8℃となっていた。山へ登れば霜も降りる。

このところの寒さで,すでに凍死者も出ていて,という。いくら何でも,と思ったが,人の体温は36度くらいあるわけで,気温10℃でも体力も無く,温まる衣類も火も無ければ,凍死してもおかしくない。

しかし,それぐらいの気温で凍死する人がいるというのは,それだけ,貧しい食事と住環境で暮らしている人がいるということになるのだろう。

今日のニュースでは,養豚場の子豚の凍死も相次いでいるとも報道されている。

バルコニーで卵を抱くハトも少し寒そうに見える。卵を抱き始めてからもう一月もたつのに,まだ雛がかえった様子がない。最初の頃に巣を離れる時間が多かったので,上手く発育しなかったのではないだろうか。一旦あきらめたほうが良いのでは,と心配になっている。

朝の駅
「寒さ」を写真で伝えようにも,バンコクで探すのはなかな難しい。
朝の駅の上着を着た人や,スカーフ,ショールを巻く人の様子で,涼しいことが少しはつたわるだろうか。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。