タイに住んでみると

現在はタイを離れているので,タイに居た経験から考えたことなどを時々書いています。また,タイに行く機会があれば生の情報もアップしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

久しぶりに郊外へ

やれやれ,タイは土曜から月曜まで3連休で,久しぶりに海辺に出かけようと思っていたら,日曜日に仕事が入ってしまった。

日曜の仕事は,バンコク市内ではなく,車で4時間近く北へいった田舎町への視察だったので,旅行と思うことで気を取り直した。

実際,郊外に出かけるのは,気分も変わるし,なにしろ空気が良いので気持が良い。朝早く出たので,朝靄が立つ広大な水田を見ながらずっと走っていると,バンコクという場所がタイの中で例外的な場所であることが良く分かる。

行き先はペッチャブーン。広大な平野を抜けて,所々に山が出てくるようなところである。チーク材の家具工場と近くのチーク林に行った。チークの林も落葉の時期でちょうど冬枯れのようだった。山からの立派なチーク材はすっかりと乱伐が進んでしまっている。ここでは,立派とはいえない小さな材だが,10数年育てれば,庭で使うような椅子,東屋,や小さな家具の材として使えるようである。

チークの林


帰りは,寄り道をしてヒマワリ畑が見事だというロッブリーへ行ったが,残念ながらヒマワリの花はもう終わってしまっていた。

ヒマワリ写真枠


ヒマワリの名所の真ん中にあるダム。ダムjサイトにはこんな,タイらしい少々意味不明なものがあって,脱力感を高めてくれるのである。

ハヌマンダム

ハヌマンの口,ちょうど歯の所ががダムの堰堤になっている。ちゃんと水が流れているところが,念が入っているのだが,何の意味があるのかまるで分からない。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。