タイに住んでみると

現在はタイを離れているので,タイに居た経験から考えたことなどを時々書いています。また,タイに行く機会があれば生の情報もアップしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

フィリピン料理:ボンレス・バンガス

ビールでは軍配をフィリピンにあげたが、料理ならば断然、タイである。

フィリピン料理に美味しいものがあるが、タイ料理のような多彩さはない。まずくはないが、スパイスがあまり効いておらず、中途半端に甘い感じの料理も多いように思う。そして、アメリカの統治がフィリピン人の味覚と料理を壊したに違いないとにらんでいる。

そんな中では、スペイン支配の影響か、シチューのような煮込み料理はなかなか悪くない。また、味付けにスパイスが効いていない分、魚介類には鮮度が求められているのか、どこも海に近いから鮮度がよくて、スパイスの味付けが発達しなかったのかわからないが、シンプルな焼き魚、スープもなかなか美味しい。

わたしの好きな料理は、ボンレス・バンガス:骨を抜いたミルクフィッシュのフライ(もしくは塩焼き)とガーリック・ライス。それにシニガン・スープがあれば、定食の完成である。シニガン・スープは酸味とわずかに辛みのある澄まし汁で、魚介類にしし唐、トマトなどが入ったものが美味しい。酸味はタマリンドでつける。タマリンドはタイのトムヤム・スープの酸味付けにも使われるので、トムヤムからハーブの香りをとったようなもの、という感じだろうか。トムヤムの未完成型と言ってしまうと聞こえが悪いが、そう外れていないと思う。しかし、未完成型であれ、これはこれで美味しい。

残念ながら、今回シニガン・スープの写真を撮りそこなってしまったので。
ルクフィッシュのフライ(もしくは塩焼き)とガーリック・ライスの写真を。

ボンレスバンガス


これはフィリピンの2大ファーストフードともいうべきチェーンの一つChowkingのテイクアウト。ちょっと味気ない構成である。
夕食が少ししか食べられず、夜食に買ってきてサンミゲルを飲みながら食べた。ああ、これではダイエットなどできるわけがない。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。