タイに住んでみると

現在はタイを離れているので,タイに居た経験から考えたことなどを時々書いています。また,タイに行く機会があれば生の情報もアップしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

運転中携帯電話の禁止

タイの交通法規が改正されて、8日からハンズフリーキットを使用した場合を除く、運転者の携帯電話の使用が禁止になった。5月19日までは周知期間として警告だけですむが、その後は400から1000バーツの罰金、減点10となる。2回目では免許一時停止となる。

さて、また謎がでてきた。400から1000というこの幅は何だろう。いくつかの新聞やニュースの報道を見てもよくわからない。とにかく最低で400、最高なら1000。

ある新聞の1節には、バスの場合、多くの乗客を危険にさらしたということで1000バーツまで科せられる、と書かれていた。では、小型乗用車の場合は最高は1000バーツではないのか?

朝のテレビの英語ニュースでは。Fine 400-1000 Baht depends on what's happened.
と言っていた。やはり、わからない。

職場の運転手に聞いてみた。
彼の答えは、警察官に対してどういう反応、態度をとるかによるのだろう。と。
すぐに認めれば400バーツ。でも、ごねたりすると罰金が上がってしまうのか?

日本の場合を参考に考えると、車の大きさによるというのが妥当なように見える。また、どの程度危険な状況を引き起こしうるかということで違いがあってもよい。しかし、この様に幅があって、基準が周知されていない状態では、警察官と交渉の余地ができてしまい。警察官の賄賂収入の機会を増やしただけにならないか心配だ。

ちなみに、反則時(言いがかりの場合も含めて)の警察官の要求する見逃し料は、外国人に対してはタイ人の2~3倍要求される。また、タイ人でも女性のほうが男性の半額程度で済む場合が多いようである。それって女性割引





スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。