タイに住んでみると

現在はタイを離れているので,タイに居た経験から考えたことなどを時々書いています。また,タイに行く機会があれば生の情報もアップしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

居酒屋で

ラトビアから来ていた友人たち(どうじに仕事の関係者でもあるが)が2カ月近いタイ滞在を終えて帰って行った。

帰国前にバンコクで会う時間ができたので,ときどき出かける居酒屋へ日本食を食べに出かけた。日本人1人にラトビア人5人がバンコクの居酒屋で日本酒を飲みながら談笑しているとは,人生結構考えてもみなかったことが起こるものだと思ったりした。

名古屋料理が売りの店なので,どてみそ,味噌カツなど赤味噌料理をはじめ,おでん,筍の煮物,てんぷらなど日本料理をいろいろ楽しんだ。味噌の味は思いのほか受けがよかった。唯一皆がほとんど食べなかったのは,イカの沖漬だった。発酵気味の臭いは苦手のようだ。それを食べながら盛り上がったのが,臭い食べ物の話。グリーンランドやアラスカあたりだろうか,アザラシの内臓をとった後,そこに海鳥を詰めて地中に埋めて発酵させて,あとでその鳥を食べるのだそうだ。その肉はとても柔らかくなるそうな。それはそうだろう。発酵食品の甘味を知る日本人にも美味しいかも,肉の腐った(発酵でした)したものはあまり想像できないし,食べる機会にも出会いたくない。

タイでも発酵食品は多くて,臭いと評判だけれど,なかなか美味しいと思ったのは,ボラの干物である。一見単に小さめのボラの干物だが,熱いところで開かないで干すので,乾くまでに自己消化や発酵がおこってしまうようで臭い。そのかわり,フライにして食べるとチーズを思わせるようなコクとうま味がでる。
なんだか,思い出したら食べたくなってきた。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。