タイに住んでみると

現在はタイを離れているので,タイに居た経験から考えたことなどを時々書いています。また,タイに行く機会があれば生の情報もアップしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

歯茎の痛みで歯医者へ

昨日は朝から,奥歯の歯茎がはれて痛みだし,夕方には黙って座っていても痛く,どうにもつらい状態になって歯医者へ行った。
以前,治療に行った歯医者に出かけると,数名いる医師は会議のため全員留守だった。すぐに見てもらいたかったので,別の大きな市立病院の歯科部門へ行った。

アメリカ帰りだろうか,流暢な英語を話す先生が,しっかり診断を説明しながら,治療してくれた。親知らずが埋まっていてできる“ポケット”に汚れがたまり,歯茎が菌で感染して腫れているようだった。その付近を掃除して,抗生物質と痛み止めを処方された。

以前から治療を受けていた医者には,早めに親知らずを抜いたほうが良いし,その部分は気をつけて磨くようにと言われていたのだが,最近,歯磨きが雑だった。

海外旅行の医療保険は歯科をカバーしないし,日本の住民票はなく国民健康保険にも加入していないので,歯科にかかると全額,自己出費となってしまう。ローカルな医者にかかればもっと安いのだろうが,タイ語では診断内容も理解できないし,設備の維持や医師の技量もちょっと不安である。

雑な歯磨きのつけは,5000バーツ(15000円)を超える出費となった。
ああ,痛い。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。