タイに住んでみると

現在はタイを離れているので,タイに居た経験から考えたことなどを時々書いています。また,タイに行く機会があれば生の情報もアップしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

カオ・マン・ガイ

カオ・マン・ガイ:海南鶏飯は大好物の一つで,このところiPod貯金のために簡単な昼ごはんで済ます時にもよく食べている。海南島が起源という料理でシンガポールやマレーシアにも良くあるそうだが,まだそちらで食べたことがない。

タイでも,どこにでも屋台でも食堂でもあるメニューで,いろいろな所で食べた。
丸の鳥からとったスープでご飯を炊き,ご飯にはその鶏肉をスライスして載せる。たいていはスライスキュウリが添えられる。ご飯や鳥には薄めの塩味が付いていて,タレを加えて食べる。たれは,味噌だれに近いような,味噌・醤油系の発酵調味料に,ショウガやトウガラシのみじん切りを加えたものである。店によって,特に南部に行くと,黒蜜のような甘いたれが添えられることがある。この黒蜜のようなたれはくせ者で,醤油ダレと間違えて,一度にかけてしまうともう取り返しがつかない。黒蜜で食べる薄い塩味の利いた鶏肉の炊き込みご飯。日本人の味覚ではおよそ理解できない味である。一方,味噌ダレのような通常のたれは,日本人の味覚にもぴったりである。
鳥ガラのスープも付いてくる。具に冬瓜が入っているものが美味しい。

ほかの料理ほど店による味の違いは少ないが,それでも美味しい店,美味しくない店,自分の好みに合う店合わない店がある。
ご飯は,多くの店はサラサラもしくはパラパラしているが,私の好みはココナッツミルクか何かオイルが入ってご飯に透明感があって,ふっくらと炊きあがったものが好みである。最も好きな店は,バンコクの郊外の市場の中にある。その店のご飯は,美味しく炊けたすし飯を思わせるように,パラパラとしていながら,ふっくらとして噛みごたえもあり最高である。

肉は胸肉や,ささ身の部分をスライスして出すが,スライスする前に軽く包丁で叩いて伸ばし,肉が少しほぐされている。皮つきがスタンダードの店と,皮無しがスタンダードの店がある。レバーやハツをつけている店もある。レバーやハツが置いてあるところは,肉の鮮度の保障にもなっている。私はレバーやハツがあれば入れてもらう。その代用品なのか,血餅というのだろうか,血を固めたもののスライスがつく店もよくあるが,私はあまり好きでない。スープの美味しさは,だいたいカオ・マン・ガイの美味しさと比例するようである。スープにインスタントのスープの素の味がするような店(デパート・スーパーのフードコートでは多い)ではお皿の方も期待できない

美味しいカオ・マン・ガイの店を見つけるには
1)お昼時前なら,数多くの鳥(できれば10羽くらい)がぶら下げられている専門店。
2)お昼時なら混んでいること。
3)ピークを過ぎた時間ならば,鶏肉のつりさげら得ていたフックが,数多のこり,どこかに大きな鳥ガラの山か袋詰めができている。
そういう店なら大概,美味しいカオ・マン・ガイが食べられる。


カオマンガイ
Olympus Pen FT, Zuiko 40 mm F1.4

この写真は,アパートの近所の屋台のもの。若い夫婦が始め,しばらくして腕を上げ,なかなか美味しくなった。最近行っていないが,元気でやっているだろうか。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。