タイに住んでみると

現在はタイを離れているので,タイに居た経験から考えたことなどを時々書いています。また,タイに行く機会があれば生の情報もアップしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

日本風カレー店

最近、バンコクでは日本のメニューを出す店はさらに増え、タイ人の間にも日本食がどんどん浸透している。以前は、一通りの日本食メニューをだすレストランが主だったが、最近はラーメン屋、カレー屋など限ったメニューの店も増えている。カレー屋は大手チェーンのCOCO壱番屋がバンコクに何店も出店して、流行っているようだ。バンコクのCOCOは少し高級感を出しているのが、日本とは違う。値段は日本並みで、バンコクでは当然少々高価な食事となる。

日本のカレーライス店の繁盛を見ていれば、当然タイ人のなかにも日本風カレー屋を始める人が出てくる。最近オフィスの近くにも、ラーメンとカレーを出す食堂ができた。ラーメンカウンターの暖簾には’森林ラーメン’とある。これはタイ人の経営だろう。昨日は昼御飯に試してみた。カレーライス59バーツ、餃子39バーツ。タイ料理のおかずのせ飯の倍になるが、一品づつ作って出すタイ料理屋なら、焼きそば類、焼き飯もこのくらいの値段なので、タイのオフィスワーカーにも無理のない値段である。
さて、味のほうは。まあ、可もなく、不可もなく。日本人経営のカレー屋に比べると味は落ちるが、値段もその分安い。日本のカレールーそのままの味なので、もう少しスパイスを工夫して加えてくれれば、味はぐっと良くなるはず。

食べ終わったところで、ちょうど食材の配達が来ていて、S&Bとろけるカレー(中辛)のパックが運び込まれているのが見えた。S&Bという選択までは良いと思うが、もうひと工夫頑張ってほしい。

今度はラーメンを試してみよう。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。