タイに住んでみると

現在はタイを離れているので,タイに居た経験から考えたことなどを時々書いています。また,タイに行く機会があれば生の情報もアップしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

するめのサラダ

数日海辺へ出掛けていて,シーフード三昧だった。
といっても何も豪華なものを食べていたわけではないが。

バンコクでもシーフードレストランは沢山あるが、おいしいとは限らないし、値段も高い。
シーフードは海辺の潮風の中で食べるのが一番おいしく、田舎に行けば値段も安い。

鮮度いのちのシーフードの例では無いが、タイにもするめがある。するめといっても日本のスルメイカのするめほど大きく肉厚のものではなくて、長さにすると10センチ、大きいものでも20センチくらいまでの小さく薄いするめである。

日本のように、涼しい中でさっと乾くのではないので、やや鮮度の悪い感じの癖があるが、立派にするめの味がする。
屋台の上にはスルメを洗濯物のようにぶら下げた、するめ売りの屋台がある。たいがい大中小と違う大きさのするめをぶらさげていて、総量が同じでも,一つが大きいものほど値段が高い。

これを下さいと言うと、するめを焼き網に挟んで、屋台の上に据えてある小さな七輪で両面をさっと炙ってくれる。焼けたものを、パスタマシーンというか、昔の洗濯機の搾り器(これがわかる人は、ちと古い)のようなプレス機に挟んで伸ばすのである。ぎざぎざのついたプレス機の間を行ったり来たり,しているうち,するめはあれよあれよと伸びて,元から薄かったするめは本当にぺらぺらになる。

ここまで書いて,そういえば日本にも「のしいか」というのがあったとことを思い出して,ネットで検索してみた。私は見た覚えが無かったが,日本にも同じような屋台が縁日などで出るらしい,そして韓国にもあるらしい。では,どこが元祖なのだろうか。ちょっと気になる。

では,のしいかのどこがタイ式になるかというと,甘辛いたれにつけて食べるところであろうか。

本当は,のしいかの話をしたかったのではなくて,するめを使ったタイ料理の一品のことだった。日本ではするめの料理というと,水で戻して使うものが多いようだが,タイではぱりぱりに炙った(あるいは油で揚げているかもしれない)スルメに,青マンゴーと小玉ねぎのttスライス,唐辛子,カシューナッツを加えて,ライムや砂糖,魚醤油で甘酸っぱく合えたサラダ(ヤム・プラームック・ヘーン)にする。目からうろこの落ちる思いの,するめ料理である。ビールのつまみにはもちろん,ご飯と混ぜて食べても美味しい。

するめサラダ

写真が良く撮れていなくて残念。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。