タイに住んでみると

現在はタイを離れているので,タイに居た経験から考えたことなどを時々書いています。また,タイに行く機会があれば生の情報もアップしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

チャーン新旧対決1:ドラフト

一時は、伝統あるシンハービールを追い越し、シェア1位に躍り出た、チャーンビール。最近は、海外からのブランドの進出、シンハーのレオブランドでの巻き返し、タイ人のビールの志向がライト傾向になってきていることなどから、シェアを大きく落とした。
そこで、ラベルのデザインも一新して巻き返しを狙っている。

1月近くたつだろうか、新ラベルの発表があったが、ようやく店頭に新ラベルの商品が並ぶようになった。幸い、すこし小さなスーパーなど、商品回転の遅いところではまだ旧ラベル商品がある。

となれば、新旧対決である。

本当は、そのつもりで古いラベルの商品を買っておいたのだが、新ラベル商品が手に入る前に飲んでしまった。それで、あわてて旧商品のある店から再度購入してきての比較である。

幸い、一番スタンダードなもの(新ラベルではクラシックと呼んでいる)とドラフトの旧ラベル商品が確保できた。

まずは、ドラフトでの比較。

新旧ラベルの違いはこのようなもの。
Chang Draught1
左が新ラベル

小さなグラスに入れてみたが、はっきりとした色の違いはない。

Chang Draught2

さて、ここから先、本来ならブラインドテスト、ぐびぐび飲まずに、口でゆすいで’ぺっ’と吐き出すようでないといけないのだが、のん兵衛にそんなことはできない。とにかく何度も飲んでみて味比べである。

さて、味のほうは。旧ラベルのほうが、新ラベルに比べて、少し枯草っぽいにおいというのか、癖がわずかに強い気がする。でも、私の味覚の程度では、この違いは’気がする’くらいのものである。

旧ラベルのほうが製造時期が古いので、そのための違いの可能性もある。

ドラフトについては、ラベル以外に大きく変わった様子はない。
さて、クラシックのほうはどうか。次回へ。




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。