タイに住んでみると

現在はタイを離れているので,タイに居た経験から考えたことなどを時々書いています。また,タイに行く機会があれば生の情報もアップしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Gakken Flex

学研といえば,子どもの頃「科学」が届くのを楽しみにしていた。

親から「学習」にしなさいと言われて,切り替えたもののすぐに「科学」に戻ったような記憶もある。

「大人の科学」シリーズはあの頃の気持ちを思い出させてくれる。すこしはおこずかいの金額が上がった大人のために,十分に遊べる「教材」がつけられていて,何とも絶妙,素晴らしい企画だと思う。

高校の時,もと学研に勤めていた物理の先生がいた。授業は面白く,教え上手だった。ところが,数学でつまづきぎみ,受験科目には化学を選んだ私は,次第に物理の授業を真面目に聞かなくなって,最後のテストは実質的に「赤点」だったが,そんなことにも寛容な先生だった。でも,いま思い出すと先生はさびしく感じていただろうと,申し訳ない気がするし,もう少しまじめに勉強すれば,物理の面白もすこしは分かったのにと思う。

学研の思い出はともかく,今回は「二眼レフ」カメラである。2500円で組み立てから撮影まで遊べる,カメラ付きである。
じっさい,今回は日本からのお土産にもらってしまったので,十分で2500円を払ってはいないが,素晴らしいコストパフォーマンスである。

早速試し撮りをした。画面の中央のピントがあっていないなど,改良,改造の余地がありそうだが,それも楽しみのうち。
なかなかきれいにとれたものはなかったが,味があってよい。何万円も出して,ピシリと写るカメラも楽しいが,こちらもまた楽しい。
Toy1
この電線にはいつもハトがたくさん

Toy2
証明写真屋

Toy4
マッカサン近くの長屋の路地
こんな古い風景をとるとよい感じ。

Toy3
フィルムを巻かなくてもシャッターが切れるので,巻き忘れると多重露出に。
意図的に撮って,面白いものもをつくることもできそう。
Film; Fuji Neopan SS




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。