タイに住んでみると

現在はタイを離れているので,タイに居た経験から考えたことなどを時々書いています。また,タイに行く機会があれば生の情報もアップしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

サトー

タイの南に行くと、サトーという豆がある。

Satho
Viogtlander Vito II, Ilfoad Pan 100
トランの片田舎の市場にて。

このサトーの発音が難しい。佐藤ではない。サの母音のアの発音が弱く、ストーに近い感じでもある。トーの音はさらに難しい、トゥーではない。トの母音のオをアと発音するように口を丸く開けてオーという。

この大きな豆は、少々臭い。ただちに臭いのではなく、食べた翌日に臭うのである。

食べ方はいくつかあるが、たとえば、生のまま、あるいはさやごと炭火であぶり、ナムプリックという塩辛ベースのペーストと食べる。生だと少し苦味があり、焼くと少し甘みが出るがどちらもおいしい。

さやから豆を出し、エビの塩辛をベースに、トウガラシ、エビと炒めたクン・パア・サトーもうまい。カレーペーストとエビ、もしくは豚肉と痛めたクン(ムー)・パペット・サトーもよし。
辛みを和らげし苦味にあるサトー豆と絶妙のコンビでご飯が進んで仕方がない。

ところが、翌日に少々の問題が起こる。小用を足しに行くと、明らかにサトー由来の臭いがすることが分かる。トイレで臭うだけだから、どうということはないが。ちょっと不思議な臭いである。

私は、この苦味とにおい成分に「夏バテ」を防ぐ効果があるに違いないと、勝手に思い込んでいて、南部に出掛けるとせっせと食べている。

バンコクで見かけないことはないが、サトーを知っているとすこし驚かれる。まして、好物だなどというと、ちょっとばかにしたような笑いを浮かべられたりする。サトーを売っている人にそんな顔をされることはないと思うが、「バンコクっ子」にはサトーは、南の田舎者の食べ物と認識されているらしい。

有名観光地のプーケットやクラビーならば、サトーは簡単に見つかるはずだが、ローカル度の高い店に行く必要があるかもしれない。





スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。