タイに住んでみると

現在はタイを離れているので,タイに居た経験から考えたことなどを時々書いています。また,タイに行く機会があれば生の情報もアップしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2日はチャーン島へ移動

正月2日からはタイの東部の島、チャーン島へ出かけた。
チャーン島はタイの東のはずれ、カンボジア国境近くの町トラートの沖にあるタイで第2位の面積を持つ島である。ちなみに1位はプーケット島。

数年前のガイドブックにはチャーン島はまだまだ開発が進んでいない、静かなリゾートと書いてあるが、近年急速に開発が進んでいる。島は山がちの地形で平地が少なく、長い間大きなリゾート開発がされていなかったようである。
しかし、次第にヨーロッパからのツーリストに穴場として知られるようになり、コテージが増え、最近は高級なリゾートがどんどん作られている。3年ほど前にも行ったのだが、さらに開発が進んできているという印象だった。
それでも、まだバーであふれるような騒がしい場所は限られている。

島の道はまるでジェットコースターのレールのようである。自分の運転する車でも、よく登れるなあ、というような上り下りが随所にある。トラートからフェリーで渡り、島の中心部へ行くには急坂のある2つの峠を越えなければならない。そんな島なので、タクシーは小さなトラックの荷台にイスをつけたソンテウのみで、料金が高いのが難点である。
今回は自分の車で行ったので関係ないが。

自分で運転をしていたので,急な坂を撮った写真がなかった。
フェリー桟橋から二つ目の峠を越え,島で一番賑やかなSai Khae Beachを見下ろしたところ。

峠から
"Gakken Flex"

話は戻って、バンコクからトラートまでは、車で5時間半ほどかかった。出発が昼過ぎになったので、7時最終のフェリーには間に合ったものの、少々冷や汗ものだった。本当は夕日をフェリーの上から見たかったのだが、すでに日が暮れて、宿へ入ったのは8時過ぎだった。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。