タイに住んでみると

現在はタイを離れているので,タイに居た経験から考えたことなどを時々書いています。また,タイに行く機会があれば生の情報もアップしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ビエンチャン4

さて、凱旋門を見た後は、これもお目当てだったバゲット・サンドを食べて、半分は持ち帰りとして、ワイン1本とビアラオ2缶を土産に買いこんで帰路に就いた。

ビエンチャンのバスターミナルからは、ウドンタニ行き、ノンカイ行きが比較的多い本数出ている(2時間に1本程度)このほか、ウドンタニからもう一つバンコクよりの都市、コンケンへは1日2本、さらにバンコク寄りのナコンラチャシマー(コラート)へは1本(早朝発)の運行がある。

ウドンタニまでの料金は22,000キップ。タイから来るときの80バーツよりは少し高い。
通関の問題なく通過してウドンタニについた。
タイの地方都市へ行くとどこでも問題だが、公共交通があまりなく、空港と市内の移動にはお金がかかる。バスターミナルから、空港までわずか20分余りでつくのに、タクシーの言い値は200バーツ。ふざけるな!としか言えない値段である。トクトク(3輪タクシー)にしても100バーツまでしか値が下がらず、時間もなく仕方なく100バーツで空港まで行った。
フット・マッサージ屋の人には、タクシーならメーターで行くから、トクトクよりも、タクシーにしたらよいと言われたのだが、外国人なので、足元を見たのだろう。こういったことは日本から外へ出れば、あちこちの国で当たり前のことだとはいえ、タイがいやになる瞬間である。


Bsand
ベトナムでもおなじみのバゲットサンド。フランス植民地時代の「正の遺産」でしょうか。安くておいしい。
はさんであるものは,レタス,フェンネルのようなハーブ(フェンネルかもしれない),きゅうり,なますのような野菜千切り,そして,パテ,ひき肉,ちょっと中華風な豚の焼き肉のスライス,タイでも見かける甘い豚肉のふわふわした干物肉を挟んだりもする。
右後ろのカメラは,最近お気に入りのTopcon RE Super
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。