タイに住んでみると

現在はタイを離れているので,タイに居た経験から考えたことなどを時々書いています。また,タイに行く機会があれば生の情報もアップしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

チャーン島・スノーケリング

4日はスノーケリング・ツアーに出かけた。

朝8時半ホテルの前の浜に集合。そこへ少し大きなツアーの船からボートが迎えに来るという。実際に現れたのは9時過ぎだった。
2階建て(プラス屋上デッキ)の木造船。2階には大きなソファータイプのイスが並んでいて、ソファーに腰掛け、のんびりと揺られながらの移動だった。チャーン島のさらに沖にある島を3か所ほど周って、帰るのは夕方5時ぐらいと、一日たっぷりのツアー。

Fune
なぜか,トラ模様,ひょう柄のソファーカバー。
(関西のおばちゃんかい!と突っ込みをいれたくなりませんか。)

あちらこちらの浜から客をボートで運び、全員揃ったところでスタッフからガイダンスがあった。感心したのは、安全はもちろん、スノーケリングでサンゴを壊さないよう、絶対にサンゴの上に立たないこと、海中から生き物、物を拾ってこないこと。サンオイルはスノーケリングに入る30分前までには塗っておくこと。など環境に配慮したガイダンスが何度もされていたことだった。タイでは、まだまだこういうガイダンスをしっかりするところは少ないと思う。

午前中にまず1ヵ所。砂浜と沖に少しサンゴのある島へより、1時間ほど。
船に戻って、移動中にランチ。タイ料理とパスタ類のビュッフェ。味は悪くない。量もたっぷり。
午後は、2か所。一か所目はやや深い沖に泊まり、オプションで小舟で島に渡るか、船の周りでシュノーケリング。
2か所目は、小さな岩場の島の周りのサンゴでのシュノーケリング。この場所はサンゴの状態もよく、なかなかきれいだったが、数日前から少し波があり水はやや濁っていた。

Sango
この日はだいぶ濁っていますが,サンゴは元気そうでした。

最後に、猿のいる岬をかすめて、宿のある浜の沖へと戻り、小舟で海岸まで送り返してもらった。
1日のツアー。食事、おやつなどついて1300バーツ弱。これも、なかなかコストパフォーマンスは高い。

ダイビングをする人には、もちろん物足りないし。アンダマン海のサンゴを知っていれば、確かに見劣りするが、1日船に揺られ、しっかりご飯を食べて、ときどき泳いで、船で一休み。なかなか楽しいものだった。

頑張って水着を買い込んだ母は、再び大満足の様子だった。父も。

今回乗ったタイファン・ツアーも「ランナーカフェ」の「うた」さんに予約をお願いしました。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。