タイに住んでみると

現在はタイを離れているので,タイに居た経験から考えたことなどを時々書いています。また,タイに行く機会があれば生の情報もアップしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Bangkok

バンコクの魅力って何だろう。

昨日、聴いてきたセミナーでそんなことを改めて問いかける話があった。

アピラック前知事の講演もあったのだが、原稿も読まないスピーチもその後の質疑応答もとても感心するものだった。選挙で、ごたごたがあり、再選決定後にすぐに辞任して今は、首相顧問という少し影に隠れた仕事をしているが、また表舞台に出てくる人物だろうと感じた。伝統的エリート層の利権保持が政治闘争の原因で、本当の民主化を妨げているという見方もあるが、アピラック氏のようなエリートが体外的にタイの立場を守ることを支えているのは否定できないという気がする。

そんな話はさておき、いくつかの講演を聴きながら考えた。

バンコクに国際都市:といういう方をしても間違えはないだろう。。何を持って国際都市というのか、こまかい話はともかく、日常的に実に多彩な国の人を目にする。見かけからすぐに国籍まで判別できるわけのないのだが、アジア、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカどこの人も日常的にどこでも見かける。言葉を聴けば、もう少し細かい国籍も推定できる。

シーク教徒の寺院があり。中華街、インド人街があり、高級私立病院やデパートではにはターバンを巻いた男と、目の部分に僅かなスリットしかない、全身を隠す黒布の服を着たアラブのイスラム教徒をよく見かける。フィリピン英語の訛りもよく耳にする。パブにビールを飲みに行けば、ブリティッシュらしい、末尾を飲み込むような発音の英語があふれている。最近は昼ごはんを食べていて、ハングルや中国語もよく聞こえてくる。

そんな多国籍軍の「外人」にとって、バンコクは大変住みやすい街だと思う。
少なくともバンコクのタイ人は相手の言葉がわからなくても、逃げ腰になったり、露骨に「対応できません」という顔をする人は多くない。タイ人お得意の、いい加減さがあるため、いつも思ったものを得られるわけではないが、そんなことを楽しめるだけの気持ちにさせてくれる、気持ちよさがある。

今日の前知事の講演でもアジアらしい「ホスピタリティ」と言っていたが、アジアどこでも共通するかはともかく、また、タイ人の「微笑み」の複雑・奥深さはともかく、取り付くしまもなく外人としての疎外感を味わう、ということはない。

一方で、「外国人料金」をどこでも設定したりすることは、微笑みの複雑な意味とあわせて、タイ人のしたたかさも示していて、タイ人がただ「よい人」であるわけではないが、バンコクは外国人にも住みやすい、つまり外国人に開かれた「国際都市」といってもよいだろう。そしてそれはバンコクの魅力のひとつだと思う。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。