タイに住んでみると

現在はタイを離れているので,タイに居た経験から考えたことなどを時々書いています。また,タイに行く機会があれば生の情報もアップしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

気になるタイの情勢

タイを離れても今回の強制排除で死者が多数出ている事件はとても気になる。

身内に甘いマスコミの報道だから,何も指摘されていないが,記者はどういう装備で現場にいたのだろうか。

タイでは,一般の市民でも銃を手に入れることが難しくないことは常識である。まして,今回のような「デモ」グループがつくられれば,その中に暴力的な連中が入り込んでいることも当たり前である。シャツの色は関係ない,以前の黄シャツグループにもいた。あるいは,以前は黄,今回は赤を着て騒いでいる連中さえいるかもしれない。そして,銃などいつでも取り出しかねないし,銃でなくても爆発物など用意していることは十分に予想できる。

一方の軍も,いざとなればどれだけ暴力的になる危険があるか,簡単に想像がつく。

納得できないことは,どうして,こんな衝突にならなければいけないまで,あちらこちらの占拠を許し,人がたまるだけたまったところで強制排除を行ったのだろうか。人が多くなれば,それだけ混乱するし,暴力的な事態になることは目に見えていたはずだ。

法律を守らないデモ隊による不法占拠に初めから厳しく対処すれば,最後に収拾のつかない事態にはならないと思うのだが。いつも,軍は市民に力を向けるのをためらい続け,最後に暴力的にならざるおう得ない状況になって動くので,今回のように多数の死者を出すことになるのではないか。

ぎりぎりまで,ほっておいて(そのことがあることを認識しながら),最後になってどうにかしようとする,タイらしい気質にも似ている気がするが,こういう事態は人命に関わることなので,呑気なことは言えない。

死者が出ることは,赤服のリーダーたちは望んでいたに違いない。今度はこの「悲劇」を利用して支持を盛り上げようとするだろう。民主化の礎でも何でもない。ただ自分の権力・利権を追求する人たちに利用された命である。

もう死者を出さずに終わらせてほしい。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。