タイに住んでみると

現在はタイを離れているので,タイに居た経験から考えたことなどを時々書いています。また,タイに行く機会があれば生の情報もアップしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

国連平和維持軍???

昨日はまだバンコクに滞在している元同僚と電話で話しをした。

日本で,ひどい事態と伝えられるバンコク。現地にいればそれほどでもないのだけれど,さすがに今回は,去年の状況とはずいぶん違い,事態はどんどん悪くなっていると感じているという。

最近は,問題個所が増えている:民主記念塔付近だけだったのが,最大の商業地区(デパートなど)を赤服が占拠し,さらに金融やビジネスの要所のシーロムを「攻撃」するといったため,軍隊が[駐留」して赤服とにらみ合う。郊外では鉄塔の爆破工作。黄色服やどちらでもない人も,さすがに黙って居られなくなり,集会を開始した。

トラブルの起きている場所は増え,次第に暴力的な雰囲気も漂わせているようだ。

元同僚いわく,最近はすっかり引きこもり,だそうだ。

観光やビジネスへの影響は大きい。

赤服のやっていることは,まった平和的デモではなく,民主主義を主張する資格などないことばかりだ。
他人の仕事・生活を妨害し,その影響を「人質」にして政府に責任を押し付け,自分の主張の受け入れを迫る。おまけに殺傷力のつよい武器で武装して。

こんなことは,通りすがりの人を人質にとって,自分の要求を続ける強盗犯みたいなものだ。

政府=権威・強権,軍=強権・反民主主義,でしかものを見ない,日本のマスコミはその点には触れないけれど。

そんな状況の中で,赤服のリーダーが国連に平和維持軍の派遣を要請しに行ったとか。
もはや理解不能である。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。