タイに住んでみると

現在はタイを離れているので,タイに居た経験から考えたことなどを時々書いています。また,タイに行く機会があれば生の情報もアップしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

カンヌからの吉報

悪いこと続きだったタイだったが,カンヌ映画祭でタイ人アピチャッポン監督の作品が最高賞を受賞したという明るいニュースがあった。
タイの映画のレベルは,実はなかなか高いという評判があるらしい。最近では,アクション系の作品は海外でもヒットした。
ホラー映画の怖さもなかなかすごいので, タイにいる間ほとんどタイのホラー映画は見なかった。いや怖くて見られなかった。

テレビでは毎晩,ワンパターンの演技とストーリーのsoap operaが放映されていて,それは人気があるのだが,こちらも,とても見ていられなかった。こんな番組が好きで見ていれば,もう少しタイ語を覚えられたかもしれないのだけれど。

映画とテレビのドラマではずいぶん違う。

しかし,今回受賞した作品の監督は,たしかタイではほとんど人気はなかったと思う。以前にもカンヌ(もしくは他の有名な国際映画祭)で何か受賞していたと思うが,その時に,英字新聞で,タイ人はこれをもっと誇りに思うべきだし,彼の作品のようなシリアスな映画作品をもっと見てを評価すべきということが書かれていたような記憶がある。
大体の人はシリアスなものが苦手なようである。タイらしい。
そういう自分も,その作品の上映館をさがして見にいくということもなかったので,他人のことをとやかくは言えない。

海外での評価の高い映画作品,映画監督が,自国ではあまり評価されていなかったりするといのは,
どこか,身近なところで聞いた話のような。









スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。