タイに住んでみると

現在はタイを離れているので,タイに居た経験から考えたことなどを時々書いています。また,タイに行く機会があれば生の情報もアップしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

エラワン滝

エラワン国立公園のエラワン滝まで遊びに行った。

エラワン国立公園は「戦場にかける橋」で有名なクウェイ川に架かる鉄橋のあるカンチャナブリからさらに70キロほど山へ入ったところにある。バンコクからだと車で3時間とちょっとあればいけるので,日帰りでのツアーも出ている。
近くには,温泉もあってずっと行きたかったのだが,まだ行ったことが無かった。

例によって外国人料金のある国立公園入場料は一人200バーツと高い。今回は車の一目でわかるヨーロッパ人を3人乗せていたので誤魔化しようがない。

エラワン滝のある川は水が透き通り,水にカルシウム分が多いのか,石の上は白い結晶がついていて,苔があまり生えていない。それで流れはきれいな水色に見える。
滝1

エラワン滝には名前がつけられた7つの滝がある。それぞれに趣があるが,最初から4段目までは入り口から比較的近いので人が多く,その後は少々遠くなるため人はぐっと少なくなった。
これは,何段目だったか。3?


7段目と5段目の滝で泳いだ。

滝4

日本人なら,滝にうたれなければ。
ということで,7段目では滝にうたれてみた。

5段目は小さな滝と,浅くて広い滝つぼがあって魚と泳ぐには絶好の場所。
滝2

カメラを水に入れただけで,よって来る。口の上が黒くて,ちょび髭みたいにみえる。
滝3


この川の魚,苔も少ないし餌が少なく飢えているのだろう。こちらが少しでもじっとしていると,集まってきて皮膚の上をガジガジとかじり始める。
たぶん,苔をそぐのと同じようにしているので,痛くは無いが,わき腹や背中をやられるとくすぐったくてたまらない。

滝5

どうも余分な垢を取って肌をきれいにしてくれそうなので,エラワン・スキン・クリニックと命名。
しばし,治療を受ける。

今回は時間切れで,温泉には行けなかったが,深い森と水辺の空気で癒された。
カンチャナブリの川に浮かぶ宿も気持ちよく,熟睡した。

バンコクの喧騒に疲れたらお勧めの場所である。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おお~、すごく南国っぽい、いいところですね~。
しかも近くに温泉まであるなんて、まさに極楽。
宿があるということは泊まれるんですね。
魚に皮膚の表面を食べさせる、というのをどこかで聞いたことがありますが、本当にあるんですね。
いや~、いいですね~。

「いつも短パン、でもサンダルじゃないぞ」っていうおみ足ですね(笑)。

mikija | URL | 2008年06月17日(Tue)21:08 [EDIT]


温泉は昔日本軍が居たころに見つけたらしいです。
実は、カンチャナブリには日本軍による戦争捕虜やアジアからの強制労働者が、苛酷な環境で大量に亡くなったという歴史があります。
今はそんなことは思いもつかないような、のどかな場所です。

滝は、水が冷たすぎず気持ちよかったです。
魚のスキンクリニックは、私が勝手に名付けたので、他の人はどう思っているのか。。。

よく見ると、サンダルやけしていますよ。
短パンのときはいつもサンダルです。よく、短パンに、黒い靴下に革靴、という不思議なファッションの人がアジアには居るように思いますが、私は違います!(笑)
あれは、あれでなんか味がありますが。

管理人 | URL | 2008年06月19日(Thu)23:39 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。