タイに住んでみると

現在はタイを離れているので,タイに居た経験から考えたことなどを時々書いています。また,タイに行く機会があれば生の情報もアップしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

重量挙げ金メダル獲得

日曜日,オリンピック重量挙げ,女子58キロ級でタイのPrapawadee選手が金メダルを獲得した。

試合結果が確定し,表彰式が行われるころ,ちょうどセントラルワールドまでの広場にいた。大きなスクリーンに表彰式の様子が映し出され,タイの国歌が流れた。

近くにいたおじさんは,タイ人が金メダルをとったのだと教えようと,指をさして示してくれた。国歌が終わり,おじさんと一緒に拍手をした。
金メダル授与
右腕を挙げているのが,そのおじさん。

降り出した雨を避けるようにビルの軒に入った人たちからも,ぱらぱらと拍手が起こった。

国旗があふれるタイなのだが,こんなときに,あまり興奮して喜んでいる人がいない。重量挙げの選手というと,たいがい地方の出身で,あまり裕福でない家から出た人が,それこそ家族,一族,地元の期待を一身に背負って,それまでひっくるめて持ち上げているようなのである。そんな選手に,バンコクっ子はあまり共感を持っていないのだろうか。ちなみに,Prapawadee選手は今回の金メダル獲得で,総額およそ1500万バーツ(約5000万円)をもらえるそうだ。

タイ人は人と群れたり,団結して何かをしたりというのは,もともと得意でないというか,好きでないということも聞く。国旗のあふれるタイとオリンピックの応援ムードのあまり盛り上がらない感じ,なんだか不一致な感じがする。
タイはまだまだ,わからない。

ちなみに自分はというと,前半のスナッチを自宅のテレビで見ていて,タイの選手にあわせて踏ん張って,持ち上がったときには,手をたたいて思わず声を上げていたのである。

実家の両親と地元の人たちががテレビ観戦で応援している様子をテレビ中継するのは,日本と同じである。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。