タイに住んでみると

現在はタイを離れているので,タイに居た経験から考えたことなどを時々書いています。また,タイに行く機会があれば生の情報もアップしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

蒸気機関車特別運行

8月12日は王妃の誕生日で祭日だった。
タイの国鉄は毎年,誕生日を記念して,バンコクからアユタヤーまで蒸気機関車を走らせる。そこで,友人たちと乗ってきた。

機関車2台を連結して客車を引っ張る。機関車はいずれも日本製でPacific型とMikado型である。鉄道マニアが1人一緒で,いろいろと教えてくれた。Pacificは片側の動輪を1からA, B, Cと数えて3つあるC型。Mikadoは世界的に通用する呼び名で動輪が4つのD型ということである。
動輪が多いほど牽引力が強く,動輪が大きいほどスピードが出しやすい。

Pacific
Pacific
Mikado
Mikado
正面の姿だと,私にはほとんど違いが分からない。

バンコクからアユタヤーまで,約2時間の予定を途中,休み休みで3時間以上かけて到着した。ちなみに車をとばすと1時間半は掛からない距離である。

途中ほとんどカーブが無いので,汽車に乗ってしまうと窓から機関車の姿を楽しむことはほとんどできない。代わりに音とゆっくりと流れる風景を楽しんだ。
アユタヤーではバスツアーがついていたが,それはスキップしてボートに乗って川からアユタヤーの町を眺めた。帰路は5時半にアユタヤーを出て,また3時間ほど掛かって,バンコクの終点ホアランポーン駅に着いた。

次回の運行は10月23日チュラロンコーン王(ラーマ5世,タイ近代化の父として今でも尊敬を集める王様)記念日。

機関車_日立
Mikado 横には1950年日立製のプレート

機関車_運転台
運転台。蒸気機関車は運転手もかっこよく見える。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。