タイに住んでみると

現在はタイを離れているので,タイに居た経験から考えたことなどを時々書いています。また,タイに行く機会があれば生の情報もアップしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

タイに戻りました

タイに戻ってきました。

バンコクに非常事態宣言が出されたことは,飛行機のチェックイン直前に知ったが,大きな混乱や治安に不安のある様子も無いので,予定通り戻った。

反政府と新政府のデモ隊の衝突というよりも,どちらかの名をかたって暴れたい輩が,誰かにそそのかされて,もう一方を襲撃したということだろうから,ただちにデモ隊の行動から暴動のような状態が引き起こされることは無いと思う。

ただ,プーケットやクラビーの空港が度々デモ隊が押しかけて,休止しているように,バンコクでもそれが起こる可能性がないとはいえない。実際,今日はバンコクのスワナブーム国際空港もデモ隊が押しかけてストップするという噂が出ていたそうである。今日の到着時は時間帯の為もあるかもしれないが,いつもよりも到着客も迎えの人もずいぶんと少ないように感じた。

個人的には,バンコクの国際空港の封鎖は経済的な影響が大きすぎて,大多数の国民の反感を買うことになると考えて,反政府デモ隊がターゲットにする可能性は低いのではと思っている。しかし,今日の様子はほとんど警備を強化している様子も無く,1日ぐらいの機能麻痺は簡単に引き起こせそうである。

飛行機に乗って,バンコクの非常事態宣言のニュースよりも驚いたのが,日本の首相の突然の辞任だった。日本には,困ったら途中で放り出す病気がはやっているのだろうか。

偶然にも,出張先のマニラのトラムに乗ったら電子改札のカードに,やはり突然に辞任した元首相とフィリピンのアロヨ大統領のツーショットが載っているのに気付いて,同行者と一緒に,失笑ぎみに笑っていたのである。
A and A

このトラム,マニラのど真ん中を東西,南北に走っていてなかなか便利だと思うのだが,庶民的な乗り物(というか,裕福な人は乗らない)らしく,たぶん裕福な育ちの学生さんにトラムに乗ってきたといったら,少々驚いた様子だった。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。