タイに住んでみると

現在はタイを離れているので,タイに居た経験から考えたことなどを時々書いています。また,タイに行く機会があれば生の情報もアップしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

張りきり過ぎのメイドさん

人件費が安いタイでは、お手伝いさんを雇う家は多い。

私のすむアパートは高級なところではないが、オプションでメイドサービスを頼める。日本円で月1万円弱で2日に一回、掃除・洗濯をしてもらえる。一人暮らしで、掃除・片付けが苦手なので助かる。

洗濯はちょっと下手ではあるが、Yシャツにはアイロンもかけてくれ、掃除では、床、トイレ、風呂場の掃除はもちろん、台所の流しやコンロもきれいに磨いてくれる。

どちらかといえば、床の隅などは丸く掃くようなのが、タイの人の一般的な性格で、掃除洗濯も「きっちり」ではなく、少々抜けていたりする。それはそれで、物を散らかしたなりに、その位置や、やり掛けのことを把握している性格の人間としてはちょうどよいのである。

ところが、時々、几帳面なのか、物を片付けすぎるメイドが来ることがある。勝手に物をしまわれると、その場所がわからずにイライラとすることになる。
そして、昨日はもっとひどく、実害が出ることになった。

家に帰り、窓をあけバルコニーに出ると何かが違う。蘭や植木鉢の位置が大きく変わっている。最近ようやく育ったミニトマトは、蘭をつるしている物干しを支えにして固定してあるのだが、鉢の位置を大きく変えられて、根元から大きくねじられていた。ポトスをさした使い古しのポットは片付けられ、ポトスは別のカップの上に積まれていた。それだけでも、頭にきたのだが、チェンマイから持って帰ってきて、ようやく芽吹いたばかりのアボガドの鉢は、空っぽにされていた。苗用の黒いプラスチックの鉢で、芽が出るまでと思い隅においてあったので、土が入りっぱなしの鉢だと思ったのだろうか。

怒り心頭も、当たる相手も無く、気持ちが静まるまで部屋をうろうろしては、うなっていた。

そして、翌朝になって、さらに異変に気づいた。アクア・テラリウムとして陸地を作って、水を半分だけ満たしている水槽の水が満タンになっていた。しかも、水を勢いよく注いだらしく、底砂がえぐれて植えていた水草が水中に漂っている。

さらに、別の水槽では、電灯のコンデンサーの上に、液肥のプラスチックボトルを置いてしまったために、ボトルが加熱されて、膨張して液肥が漏れ出し、ボトルも変形していた。

なんてこった!
もう、ここまでくると笑うしかない。

しかし、このままという訳にはいかないので、アパートの管理事務所に行って、苦情は伝えた。張り切っていたメイドは、今頃、シュンとしているのだろう。ちょっとかわいそうだが、アボガドを捨てられた私も、まだ、ちょっと落ち込んでいる。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは。
いや、本当にはりきりメイドさんですね。
月1万円で、2日に一度掃除洗濯、アイロンかけまでしてくれるなんて、すんばらしすぎです。うらやましい。。。
アボガドは、一度発芽させると、二度目は早いですよ。うちでは、水好きの植物の鉢の隅っこに忍ばせておいてます。そうすると、あっという間に発芽しますよ。また、アボガド食べましょう。種まきを始めると、食べたいからと言うよりは、種が欲しいから食べる、に変わってきてしまいませんか?私は今、ドラゴンフルーツがものすごく欲しいんですが、リガではなかなか見かけない上に、実は食べると湿疹がでるので、買えません。

mikija | URL | 2008年11月02日(Sun)02:42 [EDIT]


こんにちは。

メイドサービスは、本当に助かりますが、整頓のし過ぎは勘弁してほしいです。

ラトビアでもアボガドを育てて楽しめるのですね。どのくらい育つのでしょうか。
実は、アボガドの種をまいたのはこれが初めてではなく、少し前にフィリピンからもって帰ったものを植えて、いま二株育っています。

フィリピンから持って帰ったときは、ポスター運搬用の筒の中にアボガドを5,6個入れていたのですが(別に隠そうとしたわけではありません)それを、X線チェックに通したときは、係官にはちょっと疑いの目で見られました。筒の中に丸い玉がいくつも入っているのですから、怪しいですよね(笑)。そして、取り出してみて、アボガドだったので係官に大笑いされました。この人、何が珍しいのかアボガドを5個も6個も持っていくよ。という感じです。タイに帰るといったら、それならよく育つはずだから、食べた後植えろ、と盛んに勧められました。
とりあえず元気そうに葉を出していますが、成長はあまり早くない様ですが、私の鉢の土が悪いのでしょうか。

今回捨てられたアボガドは、チェンマイから持って帰った巨大(手のひらに余る大きさ)なアボガドの種だったので、小さなフィリピンのものと比べるのを楽しみにしていました。また、チェンマイに行って買って帰らないといけません。

mikijaさんはドラゴンフルーツにアレルギーですか。ドラゴンフルーツのアレルギーは初めて聞きました。私の場合はサクランボやプラム系の果物、タイのものではジャックフルーツにアレルギーがあって喉が痒くなってしまうので、多くは食べられません。最も、サクランボは懐具合からも多く食べようがありませんが。ジャックフルーツとドリアンは比較的近縁の果物だと思うのですが、幸いドリアンにはアレルギーはありません。
あ、ドリアンを食べたくなりました。

管理人 | URL | 2008年11月03日(Mon)20:59 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008年12月07日(Sun)02:39 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。